Elbe river, along railway Dresden to Praha

Elbespree_on_berlin
Spree river on Berlin, subsidiary stream of Elbe
Elbe_at_bud_schandau
Elbe1_mit_dresden_unt_praha
Elbe3_mit_dresden_unt_praha
Elbe4_mit_dresden_unt_praha
Elbe5_mit_dresden_unt_praha
Elbe6_mit_dresden_unt_praha
Die Elbe on Dresden
Elbe_on_dresden
Elbe2_on_dresden
Elbe3_on_dresden
Labe=Elbe on Praha
Dsc05481
Praha_on_labe_2
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Praha, evening to night

Dsc07322
Dsc07321
Dsc07303
Dsc07340
Dsc07350
Dsc07360
Dsc07365
Dsc07363

| | トラックバック (0)

Praha,Czech Republic historical city

From Dresden to Praha, It was 2 hour journey by train along with Elbe river.
Dsc05430
Dsc05450
Dsc05506
Dsc05507
Dsc05559
Dsc05544
Dsc05562
Dsc07197
Dsc07294
Dsc07252
Dsc07261

| | トラックバック (0)

Dresden, city of the tragedy

It takes about one hour to Dresden from Berlin by train.
Dsc05351_2
Dresden03_2
Dresden_beer_2
Dresden04_2
Dsc05324_2
Dsc05366_2
Dsc05358_2
Dsc07026_2

| | トラックバック (0)

Berlin

My first visit to former East Germany, Berlin
Berlin01
Berlin02
Berlin03
Berlin04
Berlin SONY Center
Berlin05

| | トラックバック (0)

2017年4月1日の井の頭公園のお花見は中止

41日(土曜)のお花見は中止します。

 

残念、無念ながら、悪天が予想されていることと、

井の頭公園の桜は、まだ開花していないからです。

お花見を開始して20年間で延期はありましたが、

中止は初めてだと思います。

 

200104

これは2001年4月雪の中でお花見をしたときに写真です。この時、雪の中で

お花見している人(バカ)いると、テレビのインタビューを受けました。

自宅にいた家内が、夕方のテレビで見たといっていました。

20010402

 一番初期のデジタルカメラなので画素が少ない。また、このリコーのデジカメの

ファイル形式は、jpgではなかった。

| | コメント (0)

2017年春のお花見

お花見会のお知らせ (参加・不参加のご返事は不要です)

Photo_2

井の頭公園のお花見会を続けてもうすぐ20年です。

と言っても、私は座るシートを準備するだけです。

今年も井の頭公園のお花見を開催します。

ご家族やお友達をお誘いの上でお越しください。

桜花の下、日本の四季を楽しみましょう。

4月1日(土曜)11時から15時まで、井の頭池の北側の場所にシートを広げます。

日の丸の旗を目印にして来てください。ご自分の飲み物、食べ物はご持参ください。

 

遅刻、早退は自由です。また、出欠の連絡は無用です。

20170320

もう井の頭公園西苑には、早咲きの桜が咲いていました。

 

| | トラックバック (0)

春の厳島神社

広島にゆく用事があったので、厳島神社に行きました。
Dsc05586
鳥居は思ったより小さかった。
Dsc05620
説明が1000年以前のことがらなのでビックリです。
Dsc05725
観光客の半分が外国人でした。
Dsc05641

|

2017年 明るい年になりますように

新しい年は、世界にとって、貴方にとって、また、私にとって
希望の年になることを祈ります。
Dsc00812

 

なかなか思うがままにならない世の中です。

昨年は学生時代からの山の友達を山で失いました。

いろいろな思いを忘れたくて、日本山岳会の会務に

のめり込んでいました。やっとできた「山の日」を

祝う記念事業も、仕事のようになってしまいました。

高尾の森づくりの会の役員になったのは、新しい希望

の始まりかもしれません。それでも森林管理は慣れぬ

仕事と組織に、少しばかり戸惑うばかりでした。

浮世を離れ旅に出たいと思いましたが、なかなか時間

がとれませんでした。秋に、僅かな時間を利用して

秋田と十和田湖に遊びました。

静かな朝の湖面をみていると、こころが安らぎます。

 

2017

新しい年には、勇気をもってまた新しい一歩を踏み出したいと思います。

楽しく元気に、山に登り、自然に学びたいと思います。

社会と自然に僅かでも貢献したいと思います。

歩き続けましょう。

| | トラックバック (0)

三宅島の植林と大木

宅島は「高尾の森づくりの会」の植林活動へ参加するために行きました。
Dsc00403
100本以上の苗木を植えて、とても腰がいたくなりました。
Dsc00475
伊豆緑化の佐久間さんが発見した、樹齢1000年を超える椎の木に案内してもらいました。
Dsc00635
名は「御焼の黄泉の椎です」胴長19.2mで日本最大とのことです。
Dsc00617
古い噴火口にできた大路池という池があります。その近くにも大木があります。
Dsc00647_2
看板に説明がありました。
Dsc00645
 
 

|

三宅島の印象

2000年に大爆発した三宅島は火山の島でした。
Dsc00452
Dsc00445
Dsc00710
これは1983年の火山噴火の際の溶岩流が小学校校舎で止まったところです。
Dsc00712_2
Dsc00501_2
泊まった民宿では、魚の御馳走です。
Dsc00482
昼の海苔弁当もおいしかった。
Dsc00762

|

三宅島への船旅

竹芝桟橋から橘丸に乗船しました。22時出港です。東京タワーが綺麗でした。
Dsc00338
飲んで寝ているうちに5時となり三宅島に着きました。 想像以上に大きい島です。
Dsc00828_2
橘丸は大きな船です。我々を下ろすと八丈島へ向かいました。
Dsc00379
山の展望台からは海が一望に見えます。
Dsc00525
すぐに帰る日になりました。
Dsc00790
地元の緑化再生のボランティアのご家族や宿の方に見送られてのお別れです。
Dsc00803
船は東京湾に入るとスピードを落とし進めません。日没を船上で見ました。
Dsc00837_2
横浜の前を通過したとき、ランドマークタワーが霞んでいました。
Dsc00862

| | トラックバック (0)

神田川の芭蕉

神田川に芭蕉が咲きはじめました。季節は誠実ではないのですが正直です。
20160507_3
綺麗な白鷺が芭蕉の間にいました。でもカメラを取り出す間に飛んでゆきました。
20160508_2

|

トイレ探検隊の隊員になる

週刊文春に、このブログに以前書いた下のスイス・ドイツのトイレの記事を紹介したところ、栄誉ある?トイレ探検隊の隊員に選ばれました。
 スイスの山旅 番外 トイレ事情
Dsc00135
Dsc00136
Toilet18
上の写真は、ドイツで取ったものですが、数年前に、三田にある大学内のレストランに上と同じトイレがあるのを発見しました。

|

春の終わり

20160410dsc00405
神田川で
20160410dsc00384
20160416dsc00020

| | トラックバック (0)

熊本城の桜

熊本の地震が落ち着くことを祈ります。
Img_0858
7年前の春、阿蘇山への途上で熊本を訪れました。
20090317_0843
 3月17日なのに、もう桜の開花が始まっていました。
Img_0847
熊本城を訪ねたのは最初で最後です。
Img_0867
このお城の復興には、大変な時間がかかることだと思います。
Img_0875
熊本に平和な春が、早く戻ることを祈ります。

|

桜の思い出

201004_3
高遠城址からみた、木曽駒ヶ岳
Dsc00417
Dsc07237
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井の頭公園のお花見

どんなことがあろうとも、春は来ます。桜は咲きます。
今年も桜をめでたいと思います。
Photo

お花見会のお知らせ (参加・不参加のご返事は不要です)

 

私は、毎年(20年近く)井の頭公園でお花見をしています。

と言っても、座るシートを準備するだけです。

今年も井の頭公園のお花見を開催します。ご家族やお友達をお誘いの上でお越しください。

桜花の下、日本の四季を楽しみましょう。

42日(土曜)11時から16時まで、井の頭池の北側の場所にシートを広げます。

日の丸の旗を目印にして来てください。ご自分の飲み物、食べ物はご持参ください。

 

遅刻、早退は自由です。また、出欠の連絡は無用です。

Photo_2

上の茂みのあたりです。 Dsc09876

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出での山旅

20051023
 2005年10月 黒部渓谷下の廊下
20081012eboshidake
 2008年10月 烏帽子岳 正面は苗場山
20081012okushiga
 2008年10月奥志賀・岩菅山
20101009daiasahidake
 2010年10月大朝日岳
20140412myoukoumaeyama
 2014年4月 妙高山・前山
201409dsc01703
 2014年9月 南岳から北穂を望む
 
20150330_kurohimeyama
 2015年3月 妙高山・三田原山 正面は黒姫山
201510210801_mt_smeru
 2015年10月 ジャワ島スメル山 君は登山隊長だった。
 
201510230835_mt_bromo
2015年10月 ジャワ島ブロモ山
 
Photo_3
 
2016年3月15日西穂高で君はいなくなってしまった。
20081012

|

インドネシアの山旅07 ジャワ島の旅

 ジャワ島を旅して、まだまだ知らない世界があることを認識させられた。
201510220616mt_smeru
ガイドによるとスメル山の登山者の80%が外国人で、そのうち80%がフランス人だそうだ。英語圏の登山者が少ないのも意外であった。
 201510230831_mt_bromo
プロモ山でもヨーロッパの観光客が多いが日本人は少ない。インドネシアは広大なので、我々が知らない秘境がもっとあるだろう。
Java_malang_oldruine
Java_malang_uno
Java_malang_oldruine2
 
 201510240716_malang
 
 マランの登山基地についた。
Semeru_201510_dsc_2536
 
帰国の途につく朝、登山基地の前の農村の畑をあるいた。自然の緑が美しい。
Indonecia_village

 

畑に抜けるために農家の庭を通ると、赤ん坊を抱いた母親がいた。生まれて1ヶ月も経っていないようである。この子供が幸せになることを自然に祈った。

Indonecian_baby
 
 
 
 
 

|

«インドネシアの山旅06 ブロモ山の大クレータ